スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇口 修理 交換 どっちがお得



蛇口は修理ではなく交換がお勧め



使用頻度などにもよりますが、

レバー式の蛇口本体の寿命はだいたい10年前後

メーカーは蛇口の水漏れ補修部品を用意していますが

その期限も10年をめどに終了することが多いらしい



蛇口のどの部品を取替えればいいのかわかっても

補修用の部品の製造が終了している場合も多く

部品が手に入らず修理できないなんてことも・・・



特に、MYM(喜多村製作所)というメーカーは

会社が吸収合併され、補修部品などが

製造されてなかったり、

部品がないことがほとんどらしい



海外製の場合は、さらに部品が手に入らず

取り寄せができても非常に高く

納期もかかってしまうことが多いらしい



苦労して部品を入手して修理をしても

もとが経年劣化していると痛みやすくなっていて

取替え時に他の部分を傷つけてしまったり

再度組立をする際に、ぴったり組みあがらなかったりして

結局別の場所から漏水するなんてことも・・・



部品をとりかえてもほかのところから

水がポタポタ漏れて、またその部品をさがして・・・

という、蛇口1台のことなのに、修理のどうどうめぐり

(最悪)



部品取替えをして水漏れ修理するよりも

蛇口本体を交換したほうが、

部品を探す手間や

部品購入と修理にかけたお金で

新しい蛇口が買えた

ということになりがちです

(10年前後の蛇口を基準に話しています)


部品交換費用例



部品代5000~10,000+修理費15,000~=20,000~25,000




新品交換費用例

新品蛇口代13,000~+自分で交換 0 =13,000~



新品蛇口代13,000~+工事依頼15,000~=28,000~




そんなに金額はかわりません



参考にしてください





次回は実際に交換して検証する予定です


スポンサーサイト
カテゴリ
お気に入り
リンク
最新記事
月別アーカイブ
ランキング
ブログランキング

RSS
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
SEO
  • SEOブログパーツ


track feed だいだい丸と愉快な仲間たち。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。